ジャパンラグビートップリーグ2017-2018 第7節
2017年10月07日(土) 13:00 K.O.
 
天理親里競技場
 
近鉄ライナーズ
14-28 クボタスピアーズ
FULL TIME
0 前半 7
14 後半 21
詳細

試合映像(ダイジェスト)など



入場者数:2412人 天候:くもり/無風
レフリー:加藤真也(日本協会A)
アシスタントレフリー:小川朋弘(日本協会A1) / 西村純(関西協会) / 松岡実(関西協会)
プレイヤー・オブ・ザ・マッチ
▶クボタ 10立川理道
   
   

マッチサマリー

前節、福岡で接戦の宗像サニックス戦をものにしたライナーズ。今節は天理親里ラグビー場にて、クボタと対戦しました。 クボタは日本代表の要であるSO立川理道や、セブンズ日本代表のFB合谷和弘、南アフリカ代表のCTBライオネル・マプーなどBKに強力な選手が揃います。対するライナーズは、キャプテンの樫本やコンブリンク、ファインガが怪我で欠場。苦しい布陣での試合となり、チーム全員でのディフェンス力が試される一戦でした。

【前半】
13時キックオフ。開始からしばらくは守る時間帯が続きます。クボタの司令塔・SO立川のゲームコントロールが冴えますが、ライナーズもしっかり前に出てディフェンスし、思うように攻撃させません。 スクラム、ラインアウトのセットプレーでも優位に立ち、10分過ぎから徐々にエリアを回復します。

敵陣に入ったライナーズは、FBマシレワのグラバーキック、さらにパス回しからの突破を試みますが、今ひとつ精度を欠き、逆にエリアを戻されてしまいます。

23分、ハーフウェイライン付近のクボタボールスクラムで、相手フロントローをめくり上げ優位に立ちますが、クボタはパスアウトしたボールを展開。CTBマプーが横に移動しながらライナーズディフェンスのギャップを突いてラインブレイクすると、そのままインゴールまで走り抜けます。コンバージョンも決め7-0。スクラムでFWが押し勝ちながら、BKがディフェンスで我慢できずにトライを許す、悔しい失点でした。

その後も、クボタがテンポよく攻めますがライナーズはミスをしながらも何とか耐え、得点を許しません。 そのまま前半を7-0で折り返します。

【後半】
早いうちにスコアして、追い上げムードを作りたかったライナーズですが、早々にクボタにトライを許してしまいます。後半1分、クボタのSO立川がキックの処理からフリーでボールを持つと、ステップでディフェンスラインの裏へ。圧倒的な数的優位を作られて、トライを奪われてしまいます。コンバージョンも決まって、14-0と突き放されてしまいます。

2トライ2ゴール差がつき苦しくなったライナーズですが、FW戦から自分たちのリズムを整えていきます。ペナルティを得て、敵陣に入りラインアウトやスクラムでクボタにプレッシャーをかけます。

後半10分、ゴールラインまで数mに迫り、マイボールスクラムからのアタックを選択します。スクラムで押し勝ち、NO8イオプアソがサイドアタックでトライ。狙い通り、スクラムからFWで勝ち取ったトライに、スタンドのライナーズファンから歓声が上がります。コンバージョンも成功し、7-14と追い上げます。

勢いに乗ってさらに得点したいところでしたが、リズムに乗れません。簡単なミスが多くアタックを継続できません。 ディフェンスでもクボタBK陣を自由に走られることが多く、17分にはCTBテアウパ、29分にはCTBマプーに2つ目となるトライを奪われて、7-28と大きくリードを許します。

34分にようやく反撃。22m内のアタックで途中出場のSO重光が相手ディフェンスラインの裏へ蹴ったショートパントに、FBマシレワが反応しキャッチしてトライ。14-28と追い上げます。

同カンファレンス同士のこの試合は、勝点と得失点差が大きな意味を持ちます。あと1トライを上げれば7点差以内のボーナスポイント1が見えてきます。残り5分、ゴール前へ迫り攻め続けるライナーズでしたが、最後はラストパスがタッチを割って14-28のまま試合終了。

優位に立つ部分もあり手応えをつかみながらも、勝利をつかむことはできませんでした。

ウィンドウマンスまで残り2試合。次戦のリコー戦にフォーカスし、一戦必勝で準備し挑んでいきます。

坪井監督コメント
「天理親里ラグビー場での試合に際しまして、奈良県協会と関係者の皆様に御礼申し上げます。また、今日は沢山のラグビーファンに集まっていただき、感謝申し上げます。

同じカンファレンスのクボタに勝って、勝点とボーナス点を獲って締めくくりたかったのですが、この様な結果になってしまいました。 深くまで攻めながらフィニッシュまで行けなかったですし、イージーにトライを獲られた部分もありました。修正できる部分は修正して、次の準備をしっかりして戦い続けたいと思います。本日は有難うございました」

森田バイスキャプテンコメント
「本日は有難うございました。関西での試合でしたが、アウェイ感のあるスタンドの雰囲気でした。準備をしっかりして試合に臨みましたが、内容はバックスが足を引っ張ってしまったと思います。悔しい、の一言です」

マイページ
ファンクラブ
チケット
グッズ