その他

文部科学省 2019年ラグビーワールドカップ普及啓発事業「JRFU放課後ラグビープログラム2015」開催のお知らせ

この度、近鉄ライナーズが「JRFU放課後ラグビープログラム2015」大阪クラスに協力させていただくこととなりました。
「放課後ラグビープログラム」とは?
2019年ラグビーワールドカップ日本開催の決定、2016年リオデジャネイロから男女とも7人制ラグビーが正式採用されたことを受け、日本のラグビー競技についての普及・競技力向上が必要とされています。それを踏まえ、文部科学省が、2012年度より、「2019年ラグビーワールドカップ普及啓発事業」として、ラグビーの普及・振興への取り組みをしています。
本事業は、「2019年グビーワールドカップ普及啓発事業」として、ラグビーの競技環境の少ない中学生、または、小学校の授業でタグラグビーに触れた子どもたちがラグビーをより深く学ぶ場として、平日・放課後にラグビーができる環境を日本ラグビーフットボール協会がモデル的に運用し、日本に新しいラグビー環境の創設のきっかけ作りをすることを目的としています。
さらに、普及促進のための人材確保として、トップアスリートや選手OB人材の活用を行い、「人材の好循環」や「スポーツNPO育成」といった、スポーツの連携・協働にも取り組み、そのモデルを提示することも目的としております。
今年度は9月より全国9地域で3ヶ月限定のモデル教室が開催されます。対象は小学6年生から中学生で、初心者の参加も可能です。また、対外試合等もないので、現在、チームに参加している方の参加も可能です。
近鉄ライナーズが協力する大阪クラスは10月6日(火曜日)からスタートします。
現在、参加者を募集中です。たくさんのご応募をお待ちしております。
尚、お申込みに関しましては、インターネットのみで受付をしております。
電話での受付はしておりませんので、予めご了承下さい。
大阪クラスの詳細およびお申し込みは下記URLよりお進み下さい。

案内チラシは、こちら

関連記事

マイページ
ファンクラブ
チケット
グッズ