チーム活動

トンプソン選手・重光選手がトークライブに出演しました

12月17日(日)、『ノーサイドクラブ(東京都豊島区)』で行われたトークライブに、トンプソンルーク選手と重光泰昌選手が出演しました。
司会はラグビージャーナリストの村上晃一さん。以前よりラグビーファンの方々から「トンプソン選手のトークライブを関東でも開催して欲しい」との声が村上さんへ寄せられていたそうで、トップリーグ第12節の東芝戦に合わせて実施されました。
なお、当初はトンプソン選手と豊田選手が出演予定でしたが、豊田選手が試合で怪我をしたため、大事をとり急遽代役として重光選手が出演することとなりました。
ライナーズ12年目のトンプソン選手と同15年目の重光選手の大ベテラン2人による、軽妙で関西のノリ満載なトークで会場は大いに盛り上がりました。
当日の東芝戦の振り返りから始まり、それぞれのライナーズでの思い出や家族さらには引退後についてまで話は及びました。
その後は参加者からの質問タイム。「生まれ変わったらやってみたいポジションは?」との質問に、「めっちゃ脚が速かったらNo8をやってみたい」と重光選手。また、「コーチから言われた言葉で印象に残っているものは?」との質問に対し、トンプソン選手が「『大切なのは、体の大きさでもなく、スピードの大きさでもなく、ハートの大きさだ』という言葉です」と話した時は会場中から拍手が起こりました。
トークライブが終わった後はサイン会&握手会、そしてプレゼント賞品をかけたジャンケン大会が行われ、大いに盛り上がりました!
参加いただいた皆様、有難うございました!これからもトンプソン選手と重光選手、そして近鉄ライナーズを宜しくお願いします!

(写真:石坪 隼)

関連記事

最近の記事

  1. 河村謙尚選手「舞いあがれ 東大阪」のぼり・ポスター掲載のお知らせ

  2. 10月8日 NTTドコモレッドハリケーンズ大阪戦のご案内

  3. ライナーズアカデミー x レベルズクリニック開催のお知らせ

マイページ
ファンクラブ
チケット
グッズ