2019-2020ジャパンラグビートップチャレンジリーグ 第4節
2019年12月15日(日) 13:00 K.O.
 
ヤンマーフィールド長居
 
近鉄ライナーズ
47-15 九州電力キューデンヴォルテクス
FULL TIME
40 前半 0
7 後半 15
詳細

試合映像(ダイジェスト)



入場者数:3771人 天候:晴れ/弱風
レフリー:山本篤志
アシスタントレフリー:北村浩士 / 八木聖也 / 河村隆史

MEMBER

▶メンバー表PDFはこちら
 
   
   

マッチサマリー

12月15日(日)、近鉄ライナーズはトップチャレンジリーグ第4節・九州電力キューデンヴォルテクス戦をヤンマーフィールド長居にて行いました。

前節長崎にてマツダに快勝し、80分高いパフォーマンスを維持することがスタンダードになるように。13時九州電力ボールのキックオフで試合が開始されました。

開始から接点で勝ち、敵陣でプレーをするライナーズですが、攻めながらもノックオンなどのミスでフィニッシュまで到達できません。

しかし、先手を取ったのはライナーズでした。前半7分、敵陣左10m付近のスクラムから展開し、CTB矢次がゴールポスト右にトライを決めます。コンバージョンもCTBステイリンが決めて7-0と試合を動かします。

リスタートからはディフェンス。九州電力のアタックに耐えた後は相手のキックを自陣から回し、FBマシレワが左奥に蹴り返したボールをチームでしっかりチェイスし、九州電力陣内深くでマイボールラインアウトを得ます。前半11分、投入されたボールにまずはCTBステイリンが縦に突破。できたギャップをSHライアンが強く抜けて行ってトライを奪います。コンバージョンも決まって14-0。

ライナーズのトライラッシュは続き、17分にはラインアウトからモールでHO高島が、28分にはSHライアンが2本目のトライを奪って26-0と大きくリードを広げていきます。

前半35分、敵陣10m付近でLOストーバークが抜けると、WTBジョシュアにボールを渡しトライ。前半40分には、再びラインアウトからモールで高島がトライを奪います。右端からの難しいコンバージョンも、CTBステイリンがバーに当てながら決め40-0と40分間攻め続けて前半が終了します。

ライナーズのアタックの良さがピタリとハマり、攻められても九州電力のミスで無失点でしのいだ前半でしたが、後半は厳しい展開でした。

開始早々、後半2分にラインアウトからモールでHO中村がトライを奪い47-0と先手を打ち、主導権を握ったかに見えましたが、その後は防戦一方になります。

九州電力陣内に入っても、キックでディフェンスラインの裏に蹴られて盛り返され、なかなか22mラインを超えられなくなります。

攻めあぐねると徐々にペナルティが多発。ゴールラインを背にすることも増えて、ストレスのかかる展開にハマっていきます。

後半15分、ようやく敵陣に入り、ラインアウトからモールで前進。SHライアンが前に出てラックを作り、SOクーパーのパスにサイドをついたLOストーバークがギリギリ手を伸ばしてトライ。かと思われましたが、ラストパスがスローフォワードと判定されてノートライに。

それでもなんとかトライを奪われなかったライナーズですが、後半28分にSOクーパーが危険なタックルでシンビンに。14人でプレーすることになり、九州電力は1人足らないBKの裏へドンドン蹴り込むように攻めてきます。

ついに後半32分、敵陣深くまで攻め入ったものの、九州電力ボールのラインアウトから反撃を受けます。クリーンにキャッチされ作られたラックからハイパントを蹴られてそのまま独走を許し、トライを献上。さらに43分、45分と連続してトライを奪われ、結局47-15で試合が終了。スコア上では突き放しながら、先週とは全く違うライナーズの弱さを見せてしまいました。

前半はトライラッシュを見せながらも爪の甘さとゆるさが散見された展開でしたが、後半はそのゆるさをしっかり九州電力に対応された結果になりました。

来週は、今季のターゲットゲームの一つであるコカ・コーラ戦です。

必ずベストゲームにして、ライナーズの進化を体現できるよう準備していきます。

引き続きご声援よろしくお願いします。

マイページ
ファンクラブ
チケット
グッズ