ジャパンラグビートップチャレンジリーグ2021 第3節
2021年02月28日(日) 14:00 K.O.
 
秩父宮ラグビー場
 
近鉄ライナーズ
52-11 栗田工業ウォーターガッシュ
FULL TIME
26 前半 6
26 後半 5
詳細

試合映像(週刊ひがしおおさか)



入場者数:0人 天候:晴れ/弱風
レフリー:古瀬建樹
アシスタントレフリー:佐藤芳昭 / 久保田行彦 / 生永圭太

MEMBER

▶メンバー表PDFはこちら
 
 
花園近鉄ライナーズ
No. Pos. 氏名
1 PR 田中 健太
2 HO 高島 卓久馬
3 PR 三竹 康太
4 LO マイケル・ストーバーク
5 LO サナイラ・ワクア
6 FL ロロ・ファカオシレア
7 FL 田淵 慎理
8 No8 野中 翔平
9 SH ウィル・ゲニア
10 SO クウェイド・クーパー
11 WTB 片岡 涼亮
12 CTB ステイリン パトリック
13 CTB パスカル・ダン
14 WTB ジョシュア・ノーラ
15 FB 南藤 辰馬
16 Re. 中村 彰
17 Re. 浅岡 勇輝
18 Re. 石井 智亮
19 Re. 松岡 勇
20 Re. 丸山 尚城
21 Re. ライアン・ローレンス
22 Re. 吉本 匠
23 Re. 野口 大輔
 
   

マッチサマリー

2月28日、近鉄ライナーズは東京・秩父宮ラグビー場にてトップチャレンジリーグ2021第2戦を栗田工業ウォーターガッシュと戦いました。

試合前のコイントスでボールを選択したライナーズは、SOクーパーのキックオフで試合を開始します。少しゆっくりしたゲームの入りで互いに探り合い。9分にライナーズのペナルティからPGで3点を奪われます。

11分、右サイドのゲインから、SOクーパーが中央スペースを右に走ると栗田工業のディフェンスはクーパーに集中。すかさずノールックで左にフォローしていたSHゲニアに片手でパスし、逆転トライをあげます。
10クーパーのコンバージョンも成功して7-3。

その後もライナーズのアタックとディフェンスを入念にしているであろう栗田工業に、サインプレーや前に出るディフェンスで苦しめられます。23分に再びPGで3点を追加されると、7-6の1点差で前半の深くまで時間が進みます。

29分、がまんの時間を振り払うようにLOワクァが中盤右サイドでゲイン。フォローした仲間にパスすると見せかけてさらに自らが前に出ると一気にインゴールまで走り抜けます。自身ライナーズでの公式戦初トライで12-6と突き放します。

さらに40分にはラインアウトからモールでHO高島がトライ。
前半のロスタイム、終了まぎわには2年ぶりのスタメン出場となったFL田淵がゴール前でディフェンスをねじ伏せてトライ。26-6の大幅リードで折り返します。

いい流れで後半を迎えたライナーズは、キックオフボールをキャッチしてからワイドに展開。WTBジョシュア、WTB片岡がいいゲインを見せ、寄りも早く一気に敵陣に入ります。さらにFL田淵が右サイドでゲインすると外のWTBジョシュアにパスし、ノーホイッスルトライを奪います。
12分は栗田工業陣内10m付近の左スクラムからSHゲニアが中央へゲイン。CTBステイリンに手渡すと空いたスペースを自らインゴールまで持っていきトライを奪取。ゴールも決まり38-6と大きくリードを広げます。
しかし、後半15分。前節でも課題であったモールディフェンスで穴が空いてしまいます。一旦止めたかに見えたモールを、角度を変えて押し切られる、課題の残る被トライを献上。38-11と点差を詰められます。

その後はなんとか栗田工業にスコアさせることなく試合が進み、27分はHO中村のモールで、31分には途中出場のFL丸山がスペースを素晴らしいランでインゴールまで走り抜けてトライ。
52-11、圧勝で試合を終えリーグ戦での2位以上が確定。3月20日の順位決定戦を花園で迎えることが決まりました。

スコアでは差がついたものの、取り切れないシーンも多く厳しい時間もありました。
さらに精度を高め、リーグ全勝さらに順位決定戦からトップリーグとのプレーオフトーナメントへと進んでいきます。
今後ともご声援よろしくおねがいします

 

フォトギャラリー

マイページ
ファンクラブ
チケット
グッズ