ジャパンラグビー リーグワン 2022 第4節
2022年02月12日(土) 12:00 K.O.
 
秩父宮ラグビー場
 
日野レッドドルフィンズ
22-67 花園近鉄ライナーズ
FULL TIME
10 前半 24
12 後半 43
詳細

試合映像(ダイジェスト)



入場者数:2024人 天候:晴れ/微風
レフリー:手束伊吹(日本協会A)
アシスタントレフリー:八木聖也(日本協会A) / 古瀬健樹(日本協会A) / 伊東桂司、真壁清志(関東協会)
プレイヤー・オブ・ザ・マッチ
▶花園近鉄ライナーズ 11片岡凉亮

MEMBER

 
日野レッドドルフィンズ
No. Pos. 氏名
1 PR 山崎 基生
2 HO 木津 武士
3 PR 浅原 拓真
4 LO ディネスバラン ・クリシュナン
5 LO 木村 勇大
FL 堀江 恭佑
7 FL 小野 雄貴
8 No8 ナシ・マヌ
9 SH 古川 浩太郎
10 SO 北原璃久
11 WTB 松井 佑太
12 CTB 川井 太貴
13 CTB トンガ モセセ
14 WTB 床田 聖悟
15 FB 吉川 遼
16 Re. 郷 雄貴
17 Re. 久富 雄一
18 Re. 土屋 眞
19 Re. 笠原 雄太
20 Re. 千布 亮輔
21 Re. 田中 元珠
22 Re. 東郷 太朗丸
23 Re. 竹中 祥
 
 
花園近鉄ライナーズ
No. Pos. 氏名
1 PR 佐々木 駿
2 HO 金子 惠一
3 PR 文 裕徹
4 LO パトリック・タファ
5 LO サナイラ・ワクア
6 FL ワイマナ・カパ
FL 野中 翔平
8 No8 セル ジョセ
9 SH ウィル・ゲニア
10 SO クウェイド・クーパー
11 WTB 片岡 涼亮
12 CTB 岡村 晃司
13 CTB シオサイア・フィフィタ
14 WTB 竹田 宜純
15 FB セミシ・マシレワ
16 Re. 松田 一真
17 Re. 田中 健太
18 Re. イエレミア・マタエナ
19 Re. 横井 隼
20 Re. ツポウ テビタ
21 Re. 人羅 奎太郎
22 Re. 野口 大輔
23 Re. ジョシュア・ノーラ
 

試合経過

日野レッドドルフィンズ 時間・スコア 花園近鉄ライナーズ
5木村のトライ 前半6分
5-0
10北原のG失敗 前半7分
5-0
前半12分
5-5
5ワクァのトライ
前半13分
5-5
10クーパーのG失敗
2木津のトライ 前半29分
10-5
10北原のG失敗 前半31分
10-5
8マヌ→20千布 前半31分
10-5
前半32分
10-10
11片岡のトライ
前半34分
10-10
10クーパーのG失敗
前半37分
10-15
11片岡のトライ
前半38分
10-17
10クーパーのG成功
前半42分
10-22
4タファのトライ
前半43分
10-24
10クーパーのG成功
9古川にシンビン 後半3分
10-24
5木村のトライ 後半12分
15-24
10北原のG失敗 後半13分
15-24
13フィフィタのトライ 後半15分
15-29
13フィフィタのトライ
後半16分
15-31
10クーパーのG成功
1山崎→17久冨
2木津→16郷
後半16分
15-31
後半17分
15-36
13フィフィタのトライ
後半18分
15-38
15マシレワのG成功
後半21分
15-38
15マシレワ→22野口
5ワクァ→20ツポウ
後半23分
15-43
12岡村のトライ
11松井→23竹中 後半23分
15-38
後半24分
15-45
22野口のG成功
後半25分
15-45
1佐々木→17田中
後半28分
15-45
2文→19横井
4タファ→18イエレミア
後半29分
15-50
12岡村のトライ
後半30分
15-50
10クーパーのG失敗
3浅原→18土屋
12川井→22東郷
後半30分
15-50
9ゲニア→21人羅
10クーパー→23ジョシュア
7小野のトライ 後半33分
20-50
22東郷のG成功 後半34分
22-50
4クリシュナン→19笠原 後半34分
2金子→16松田
後半36分
22-55
23ジョシュアのトライ
後半37分
22-57
22野口のG成功
9古川→21田中 後半37分
22-57
後半39分
22-62
11片岡のトライ
後半39分
22-62
22野口のG失敗
後半41分
22-67
19横井のトライ
後半42分
22-67
23ジョシュアのG失敗

マッチサマリー

大雪の影響が心配されましたが、関係者の皆さんの努力っもあって無事に開催されたJAPAN RUGBY LEAGUE ONE ディビジョン2第4節。花園近鉄ライナーズは2月12日、東京・秩父宮ラグビー場にて日野レッドドルフィンズと12時キックオフで対戦しました。

試合開始からライナーズは9ゲニア、10クーパーらが自陣からでもボールを回し攻め続けます。しかし先制はレッドドルフィンズでした。
前半9分にラックで10クーパーがペナルティをすると、自陣深くから相手ボールラインアウト。
モールはなんとか阻むも、ラックサイドを5木村に飛び込まれてトライを許します。
追う展開になったライナーズは11分、敵陣10m付近レッドドルフィンズボールの右ラインアウトから4クリシュナンの持つボールを奪うと左に展開。左ライン側で15マシレワがゲインすると、すぐ右へ。クーパーから5ワクァにボールが渡るとハンドオフでタックラーをなぎ倒しトライを返します。クーパーのコンバージョンは失敗し5-5。

同点に追いついて立て直したいライナーズ。ボールは動かせていますがハンドリングエラーも多く、ペナルティで前進を許す悪い流れが続きます。
前半30分にはレッドドルフィンズにラインアウトからモールを押し込まれて再び5-10。

しかし、規律は徐々に改善。前半32分、8ジョセが敵陣のブレイクダウンでペナルティを奪うと、ラインアウトからすぐに左へ展開。クーパーの20mを超える真っ直ぐてフラットなパスを受け取った11片岡が左端にトライを奪います。コンバージョンは失敗し10-10。

直後の36分にはまたも片岡が、今度は25mをディフェンス2人を弾きながら走り切りトライ。コンバージョンも成功して17-10と逆転に成功します。
そして前半終了間際、敵陣深くでのレッドドルフィンズスクラムでペナルティを奪うと、残り5mラインアウトから連続攻撃。ディフェンスのプレッシャーに苦しみながら、ギリギリボールを繋いで4タファがトライをもぎ取ります。コンバージョンも決まり、24-10で折り返します。

怒涛の連続攻撃でトライを量産したライナーズは後半も勢いを持続。
エリア取りでもクーパー、14竹田、15マシレワが正確で長いキックを連発して優位に立ちます。

後半9分、ラインアウトから5木村に今年2本目のトライを奪われるますが、後半14分に8ジョセのゲインからフォローした13フィフィタがトライ。
直後の16分にはラインアウトからクーパーのパスにフィフィタが斜めに走り込んで22mを走り切ってトライを奪い、38-15。破壊力を見せつけます。

点差をつけたあとは少しずつ選手を交代。その中でも22分には蹴りあいからクーパーと9ゲニアで大きく前進し、12岡村にパスしトライ。28分にはラインアウトから再び岡村がトライを奪い50-15と大幅なリードで試合を決定づけます。
その後1トライを返されますが、後半36分に22野口のゲインから23ジョシュアが、38分に片岡が3本めのトライを奪い62-22。
仕上げは試合終了のホーンがなったあと、自陣から18イエレミア、片岡で大きくゲインすると19横井がインゴール左端まで走り抜けてトライ。67-22で勝利しました。

試合の序盤、ペナルティやハンドリングエラーでリズムを作れませんでしたが、試合の中で選手たちが修正して大勝につなげました。次節はホストゲーム、花園での釜石シーウェイブズ戦。引き続きご声援よろしくお願いします。


ギャラリー

石坪 隼
増田 恵


マイページ
ファンクラブ
チケット
グッズ