ジャパンラグビー リーグワン 2022 第6節
2022年03月06日(日) 14:30 K.O.
 
東大阪市花園ラグビー場
 
花園近鉄ライナーズ
76-12 スカイアクティブズ広島
FULL TIME
31 前半 12
45 後半 0
詳細

試合映像(ダイジェスト)



入場者数:1848人 天候:くもりのち晴れ/強風
レフリー:立川誠道(日本協会A)
アシスタントレフリー:八木聖也(日本協会A) / 廣瀬亮治(関西協会) / 河村隆史、嵯峨慶二(関西協会)
プレイヤー・オブ・ザ・マッチ
▶花園近鉄ライナーズ 15番竹田宜純

MEMBER

 
花園近鉄ライナーズ
No. Pos. 氏名
1 PR 田中 健太
2 HO 金子 惠一
3 PR 文 裕徹
4 LO ワイマナ・カパ
5 LO サナイラ・ワクア
6 FL 野中 翔平
7 FL ジェド・ブラウン
8 No8 セル ジョセ
9 SH ウィル・ゲニア
10 SO クウェイド・クーパー
11 WTB 片岡 涼亮
12 CTB ステイリン パトリック
13 CTB 小野木 晃英
14 WTB 木村 朋也
15 FB 竹田 宜純
16 Re. 樫本 敦
17 Re. レイルア マーフィー
18 Re. イエレミア・マタエナ
19 Re. 菅原 貴人
20 Re. 横井 隼
21 Re. 人羅 奎太郎
22 Re. 野口 大輔
23 Re. ジョシュア・ノーラ
 
 
マツダスカイアクティブズ広島
No. Pos. 氏名
1 PR 加藤 滉紫
2 HO 武田 知大
3 PR 大竹 智也
4 LO 西野 嘉修
5 LO ロックラン オズボーン
6 FL ミロ デビッド
7 FL テヴィン フェリス
8 No8 鈴木 伊織
9 SH 後藤 大
10 SO 齊藤 遼太郎
11 WTB 久保 清悟
12 CTB 亀井 康平
13 CTB 李 修平
14 WTB 北島 遙生
15 FB 﨑口 銀二朗
16 Re. 永田 亮
17 Re. 小栁 友徳
18 Re. 高見 優太
19 Re. 田中 雄太郎
20 Re. 芦田 朋輝
21 Re. 河野 翼
22 Re. 大内 空
23 Re. 中村 悠人
 

試合経過

花園近鉄ライナーズ 時間・スコア スカイアクティブズ広島
7ジェドのトライ 前半4分
5-0
10クーパーのG失敗 前半5分
5-0
前半16分
5-5
13李のトライ
前半17分
5-5
10齊藤のG失敗
前半20分
5-10
6ミロのトライ
前半21分
5-12
10齊藤のG成功
5ワクァのトライ 前半23分
10-12
10クーパーのG成功 前半24分
12-12
13小野木のトライ 前半26分
17-12
10クーパーのG失敗 前半28分
17-12
前半28分
17-12
7フェリス⇒20芦田
15竹田のトライ 前半39分
22-12
10クーパーのG成功 前半40分
24-12
5ワクァのトライ 前半43分
29-12
10クーパーのG成功 前半44分
31-12
2金子⇒16樫本 後半0分
31-12
6ミロ⇒19田中
8ジョセのトライ 後半7分
36-12
10クーパーのG成功 後半8分
38-12
後半9分
38-12
1加藤⇒17小柳
13小野木のトライ 後半11分
43-12
10クーパーのG成功 後半12分
45-12
12ステイリン⇒22野口 後半12分
45-12
9ゲニア⇒21人羅 後半16分
45-12
3大竹⇒18高見
8ジョセ⇒20横井 後半19分
45-12
15竹田のトライ 後半22分
50-12
22野口のG成功 後半22分
52-12
13小野木⇒23ジョシュア 後半22分
52-12
10齊藤⇒23中村
10クーパーにイエローカード 後半23分
52-12
15﨑口⇒21河野
20横井のトライ 後半27分
57-12
22野口のG成功 後半28分
59-12
1田中⇒17マーフィー 後半28分
59-12
15竹田のトライ 後半31分
64-12
22野口のG失敗 後半33分
64-12
7ジェド⇒19菅原
3文⇒18イエレミア
後半33分
64-12
9後藤⇒16永田
5ワクァのトライ 後半36分
69-12
22野口のG成功 後半37分
5ワクァのトライ 後半43分
76-12
23ジョシュアのG失敗 後半44分
76-12

マッチサマリー

3月6日(日)、花園近鉄ライナーズはNTTジャパンラグビーリーグワン2022第6節を、ホーム花園にて迎えました。
花園でのゲームは公式戦3戦目。マツダスカイアクティブズ広島との戦いです。

スカイアクティブズとは第3節で対戦し、大差で勝利をつかんだライナーズ。
今節は「Dominate」をテーマに、ゲームを圧倒できるよう万端の準備をして挑みました。
14:30キックオフ。
序盤からライナーズはボールをキープし、相手ゴール前へ。
フェーズを重ねて粘り強くアタックすると、前半4分、ゴール前の密集から9ゲニア、10クーパー、7ジェドとつないで中央右にトライします。

良いスタートでしたが、そこからはスローテンポに。
ハーフラインでの攻防でペナルティを犯してしまい、相手に前へ出られます。
すると前半15分、ライナーズのディフェンスが整わないうちに素早くBKでパスを回され、トライを決められます。振り出しに戻って5-5。

調子を取り戻したいライナーズですが、さらに反則を重ねていきます。
前半20分、ノットロールアウェイの反則からゴール前に迫られると、今度はラインアウトからモールで押し込まれ被トライ。逆転を許してしまいます。

このトライを機に目を覚ましたライナーズは自分たちのリズムを取り戻します。
前半22分、ゲニアのタップキックから右へ回し、13小野木が抜けてゴールラインに迫り、5ワクァがピックしてトライ。クーパーのゴールも成功し、12-12の同点とします。

前半26分にはスーパープレーも。
12ステイリンが左端へキックパスを出すと、ボールを受け取った片岡から小野木に渡ってトライを奪います。
前半39分にはタッチに出た相手からボールを奪い、クイックから竹田がトライ。43分にはワクァがこの日2トライ目をあげます。

前半をトライ連取で終え、良い形で入った後半はトライラッシュとなります。
まずは後半7分、相手ゴール前のラインアウトからゲニア、8ジョセと繋ぎ危なげなくトライ。
後半11分にはクーパーから内返しのパスを受けた小野木が2トライ目をあげます。

接点でも相手をドミネートするライナーズ。
後半中盤メンバーを入れ替えると、さらに攻撃力があがります。

後半22分には展開ラグビーで竹田が、27分には22野口が新ルール50:22を利用して前に進み、20横井がトライ。
クーパーがシンビンで一時退場するものの、勢いは衰えません。

その後竹田が1本、ワクァが2本トライをあげ76-12で試合が終了。
前後半合わせて計12トライをあげ、POM(プレイヤー・オブ・ザ・マッチ)には竹田が選ばれました。

試合開始20分は自分たちのペースに持ち込めず苦戦しましたが、後半は無失点での勝利となりました。
内容を振り返り、次節に向けてさらにレベルアップしていきます。

第7節は第1節で破れた相手である三菱重工相模原ダイナボアーズとの対戦です。
会場は同じく花園にて。ホームでの勝利にご期待ください。次戦も応援のほどよろしくお願いします。


ギャラリー

井上嘉和
KRPU 新屋敷こずえ


マイページ
ファンクラブ
チケット
グッズ