ジャパンラグビー リーグワン 2022 第7節
2022年03月12日(土) 14:30 K.O.
 
東大阪市花園ラグビー場
 
花園近鉄ライナーズ
10-15 三菱重工相模原ダイナボアーズ
FULL TIME
0 前半 8
10 後半 7
詳細

試合映像(ダイジェスト)



入場者数:2678人 天候:晴れ/微風
レフリー:北村浩士(日本協会A)
アシスタントレフリー:八木聖也(日本協会A) / 廣瀬亮治(関西協会) / 嵯峨慶二・河井光輝(関西協会)
プレイヤー・オブ・ザ・マッチ
▶相模原DB 10石田一貴

MEMBER

 
花園近鉄ライナーズ
No. Pos. 氏名
1 PR 佐々木 駿
2 HO 樫本 敦
3 PR 文 裕徹
4 LO 松岡 勇
5 LO サナイラ・ワクア
6 FL 野中 翔平
7 FL ジェド・ブラウン
8 No8 ワイマナ・カパ
9 SH ウィル・ゲニア
10 SO クウェイド・クーパー
11 WTB 片岡 涼亮
12 CTB 岡村 晃司
13 CTB シオサイア・フィフィタ
14 WTB 木村 朋也
15 FB 竹田 宜純
16 Re. 金子 惠一
17 Re. レイルア マーフィー
18 Re. イエレミア・マタエナ
19 Re. 菅原 貴人
20 Re. 横井 隼
21 Re. 人羅 奎太郎
22 Re. 野口 大輔
23 Re. ジョシュア・ノーラ
 
 
三菱重工相模原ダイナボアーズ
No. Pos. 氏名
1 PR 川俣 直樹
2 HO 安江 祥光
3 PR 森本 潤
4 LO リンディー 真ダニエル
5 LO ジャクソン ヘモポ
6 FL サム チョンキット
7 FL 鶴谷 昌隆
8 No8 ヘイデン ベットウェル‐カーティス
9 SH 岩村 昂太
10 SO 石田 一貴
11 WTB タウモハパイ ホネティ
12 CTB マイケル リトル
13 CTB マット ヴァエガ
14 WTB ベン ポルドリッジ
15 FB ローランド アライアサ
16 Re. 大塚 憂也
17 Re. 細田 隼都
18 Re. 石井 智亮
19 Re. ディラン ネル
20 Re. 小林 訓也
21 Re. 大嶌 一平
22 Re. 奈良 望
23 Re. 川上 剛右
 

試合経過

花園近鉄ライナーズ 時間・スコア 三菱重工相模原ダイナボアーズ
前半29分
0-0
1川俣⇒17細田
前半30分
0-0
14ポルトリッジ⇒23川上
前半35分
0-3
PG 10石田のPG成功
前半39分
0-8
8カーティスのトライ
前半40分
0-8
10石田のG失敗
6野中⇒20横井 前半40分
0-8
15竹田のトライ 後半3分
5-8
10クーパーのG成功 前半3分
7-8
9ゲニア⇒21人羅 後半6分
7-8
後半11分
7-8
3森本⇒18石井
10クーパーのPG成功 PG 後半13分
10-8
5ワクァ⇒19菅原
14木村⇒23ジョシュア
後半19分
10-8
7鶴谷⇒19ディラン
12リトル⇒22奈良
後半22分
10-13
23川上のトライ
後半23分
10-15
10石田のG成功
1佐々木⇒17マーフィー
2樫本⇒16金子
10クーパー⇒22野口
後半23分
10-15
後半27分
10-15
2安江⇒16大塚
3文⇒18イエレミア 後半36分
10-15
6サム⇒20小林

マッチサマリー

3月12日(土)、ホーム花園にてNTTジャパンラグビーリーグワン2022ディビジョン2第7節花園近鉄ライナーズ対三菱重工相模原ダイナボアーズを開催しました。
今回で4度目の花園開催。2,678人と多くの方にお越しいただきました。

ダイナボアーズは開幕戦で対戦し、ライナーズが敗北した唯一の相手。
キャプテン野中を筆頭に、樫本・松岡といったベテラン選手から文・岡村などルーキーまでをそろえ、リベンジマッチに挑みました。

序盤からライナーズはボールを動かしますが、相手の堅いディフェンスで決定打を打つことができません。
互いに一進一退し0-0で迎えた35分、先に得点したのはダイナボアーズでした。
ライナーズのコラプシングから、ダイナボアーズがPGを決め0-3。

次第に防戦となった39分、自陣ゴール前で耐えますが先制トライを奪われ0-8とリードを許します。


追いかける展開で始まった後半、ライナーズは変わります。
後半2分、相手陣ゴール前でのマイボールラインアウトから押し込むと、密集から9ゲニア、10クーパー、15竹田と右へつなぎ、中央右にトライ。
クーパーのゴールも決まり、7-8と1点差に迫ります。
さらに後半12分、ライナーズは相手のペナルティからPGを選択。クーパーが中央に決めて10-8と逆転します。
勢いに乗りたいライナーズでしたが、ダイナボアーズもここからさらにボルテージをあげていきます。
後半21分、ダイナボアーズに一気にゲインされると、キックパスから右端へトライを決められます。ゴール成功し10-15に。
まだ残り20分弱、ライナーズはチャンスを逃すまいとアタックを仕掛けます。


フェーズを重ね、相手陣ゴール前へ。22野口がキックパスから右端にいたジョシュアへ渡そうと試みますが、わずかにオーバーしトライならず。
さらに相手陣ゴール前、マイボールラインアウトでのオブストラクションで陣地を戻されると、残り時間わずかに。

試合終了間際、ブレイクダウンで相手の反則を誘うと、ラストプレーで攻撃のチャンスが。
最後までアタックを重ねますが、ボールを奪われ外へ出されると試合が終了。
10-15のロースコアで、リベンジを果たすことはできませんでした。

準備していたことが100%出せず、悔しい結果となりました。
残りのゲームを1勝も落とさず、順位決定戦、そして入れ替え戦に向け邁進していきます。
さらなる応援、よろしくお願いします。


ギャラリー

井上嘉和
新屋敷こずえ


マイページ
ファンクラブ
チケット
グッズ