兵庫県フェニックス ラグビーフェスティバル <有料>
(日) 15:00 K.O.
 
神戸ユニバー競技場
 
近鉄ライナーズ
28-17 神戸製鋼コベルコスティーラーズ
FULL TIME
21 前半 5
7 後半 12
詳細



入場者数:5442人 天候:雨
レフリー:久保修平
アシスタントレフリー:岡田欣久 / 下田紘朗 / 佐藤英春
   
   

マッチサマリー

6月12日(日)15時キックオフ
近鉄ライナーズ VS 神戸製鋼コベルコスティーラーズが神戸総合運動公園ユニバー記念競技場で行われました。

第44回兵庫県フェニックスラグビーフェスティバルのメインイベントとして行われましたこの試合、対戦相手は昨シーズンTOP4に位置する強豪、神戸製鋼コベルコスティーラーズ。

昨シーズンのLIXIL CUP1回戦では10-42と力の差を見せ付けられた相手でもあります。
今シーズンの目標を「打倒TOP4」と掲げるライナーズにとっては4月から厳しいトレーニングを積み重ねてきた自分達の現時点での実力を計る、絶好の機会!!

この日、お昼ごろから降り出した雨も試合前には激しくなり、波乱の試合展開を予感させる空気漂う中、神戸製鋼コベルコスティーラーズのキックオフで試合が開始されます。

【前半】
試合序盤は、お互いに大きなミスもなく一進一退の緊迫した攻防が展開されます。
試合が動いたのは前半17分でした。

ハーフウェイライン神戸製鋼ボールスクラム、セットプレーから神戸製鋼10番がディフェンスのギャップをつき一気に抜け出し左隅へキック。そのボールを14番に拾われトライを許します。キックは外れ0-5

取られたら取り返す。キックオフから一気にチェイスをかけ、相手のキックを3番前田選手がチャージ!!2番永下選手がボールを拾い一気に敵陣深くへ攻め込みます。

23分、ゴール前中央近鉄ボールスクラム、8番ラトゥイラ選手が右へ持ち込みラックができたところ、今度は左へ5番ストーバーク選手がサイド攻撃。相手に掴まれながらも長い手を伸ばしトライ!!10番重光選手のキックも決まり7-5。すぐさま逆転します。

その後神戸製鋼に何度も自陣に攻め込まれますが、懸命のディフェンスで凌ぐライナーズ。10番重光選手の相手のミスを誘うキックからなんとか敵陣へ。

35分、ゴール前右側近鉄ボールスクラム。左へ2回サイド攻撃をしかけ、ゴールポスト正面へボールを運んだ後、6番堀選手が逆サイドへボールを持ち出します。相手をうまく引きつけ5番ストーバーク選手へパス。ストーバーク選手がこの日2本目のトライを決めます!ゴールも決まり14-5。

ライナーズの勢いは止まりません。
40分、ゴール前ポスト正面の位置でライナーズボールフリーキック。すぐさま8番ラトゥイ選手が突進、トライまであと少しの所までボールを運びます。できたラックから右サイドHO樫本選手へパスアウト。これも相手のディフェンスに阻まれトライならず。そのままボールはバックスへ、10番重光選手がステップで相手を一人かわし、できたラックから素早く持ち出したのが9番森選手、相手ディフェンスの間を持ち前のスピードでするりとかわし、神戸製鋼を突き放すトライ!!ゴールも決まり21-5

~前半終了~

【後半】
多くのメンバーチェンジをしてきた神戸製鋼、変わったメンバー中心に勢いある攻撃を仕掛けてきますがこの日のライナーズのディフェンスは崩れません。よく前に出て相手のミスを誘います。アタックでも天候を考え無理な攻撃はせず、キックで相手の裏をつき、確実に相手の陣地へ入りこんでいきます。

14分、ゴールポスト正面5m近鉄ボールスクラム。右へ展開15番髙選手がサイドラインギリギリで捕まります。そこから左へLO村下選手、PR田邉選手と続けてサイドアタック。三度目のアタックでFL佐藤選手が内側へ切り込みディフェンスを二人かわし、三人目に掴まったところでフォローについていた6番堀選手へオフロードパス。堀選手がそのままトライ!!髙選手のゴールも決まり28-5

その後は一転して神戸製鋼ペース、23分、28分と立て続けにトライを奪われます。28-17

しかし、神戸製鋼の猛追もここまで。ラスト10分は近鉄が敵陣でプレーする時間が増えます。
スクラムでも相手を圧倒し、何度もペナルティーを誘う場面がありました。トライを取りきるところまではいきませんでしたが最後まで攻め続けてのノーサイド。

~試合終了~

近鉄ライナーズ 28-17 神戸製鋼コベルコスティーラーズ

デフェンスとエリアマネジメントが光った近鉄。神戸製鋼コベルコスティーラーズに嬉しい勝利です!!

前半ラスト、神戸製鋼を突き放す値千金のトライを奪った9番森選手のコメント
「いつもライナーズの応援ありがとうございます!練習試合3戦目で調子も上がってきた所での阪神ダービー。お互いファーストジャージということもあり、試合前からみんなの気持ち、気合いがはいった試合となりました。天候が雨だった為、シンプルに敵陣までボールを運ぶといったゲームプランどおりに試合を進められたと思います。チームとしてゴール前のディフェンスであったり、トライを取りきれたこと、フォワードのセットピースの安定などが試合を優位に進められた要因ではないかと思います。まだまだ課題はありますが、今日は勝ちきれたことが一番の収穫です!個人的にはもっとフォワードをしっかりオーガナイズして動かしていきたいと思います!まだまだ試合も続きますので、これからも応援よろしくお願いします!!」

マイページ
ファンクラブ
チケット
グッズ