ジャパンラグビートップリーグカップ2019 第4節
2019年07月13日(土) 15:00 K.O.
 
広島総合運動公園
 
近鉄ライナーズ
38-26 リコーブラックラムズ
FULL TIME
21 前半 21
17 後半 5
詳細

試合映像(ダイジェスト)



入場者数:1878人 天候:雨/微風
レフリー:佐々木裕司
アシスタントレフリー:加藤真也 / 須川貴也 / 頼近孝行
プレイヤー・オブ・ザ・マッチ
▶近鉄ライナーズ 15セミシ・マシレワ

MEMBER

▶メンバー表PDFはこちら
 
   
   

マッチサマリー

トップリーグカップ第4節、昨シーズントップリーグ8位の強豪リコーブラックラムズとの対戦は、広島県コカ・コーラボトラーズジャパン広島スタジアムにて。2週続けてトップリーグのチームを破り、新しいライナーズのラグビーを見せなければいけない戦いです。

天候は雨。しかも時折激しく降るコンディションの中、15時キックオフで試合が開始されました。

ここ数年最大の課題になっている試合の序盤で、今回は後手に回ってしまいます。コンタクトで負けて、規律を守れずペナルティを犯して自陣に釘付けになります。
前半5分、自陣22m内でのリコーボールラインアウトから、モールを組まれると再びペナルティを犯してしまいます。アドバンテージがリコーに出る状態でディフェンスラインも乱れ、先制トライを奪われます。Gも成功して0-7。
さらに11分にも外にボールを回されると、ディフェンスが間に合わずに2本めを献上。0-14とリードされます。

先週のいい形からは一転、厳しい立ち上がりになったライナーズ。大勝のあとに自分たちの力を出しきれないシーンを今までもよく見てきましたが、今年は一味違います。

円陣のなかでストーバークゲームキャプテンからはげしい激が飛ぶと、他の選手も自分たちを鼓舞して立ち直ります。
スクラムを五角以上に押し、コンタクトでも強さを見せます。
そして20分、敵陣に入ると粘り強く攻めてディフェンスのギャップを生みます。最後はSO正面が相手のラストディフェンスをかわすパスをWTB南藤へ出しトライ。ステイリンのコンバージョンも決まって7-14とします。

26分にリコーに3本目のトライを献上して7-21と再び2トライ2ゴール差にされますが、ここからはライナーズの試合になります。

29分、出足の早いリコーのディフェンスに苦しみながらも、CTBステイリンが右端でコールするFBマシレワにキックパス。リコーのディフェンスとハイボールでの競り合いに勝ったマシレワは、そのままインゴールへ。トライを上げてコンバージョンも成功。14-21と追い上げます。
なんとか前半のうちに追いつきたいライナーズは、34分に敵陣22m内マイボールラインアウトでスペシャルプレーを見せます。
通常の配列からHO樫本がスローしたボールは、最後尾を超えて、外へ走り込んだNo.8ロロの懐へ。リコーディフェンスが集まると、その内側をサポートしたSHライアンへパスし、そのままインゴールへ。ここしかないシチュエーションで、今しかないプレーを見せ、21-21と試合を振り出しに戻します。

後半の入ると、さらに加速するライナーズ。
キックオフのボールをマイボールにすると、近場を少しずつ縦に攻めて最後はFL菅原がグランディング。スーパールーキーのライナーズ初トライで逆転に成功。コンバージョンも成功すると28-21にします。

後半16分には、ラインアウトから強味のモールでトライを奪い33-21。
34分にも、ラインアウトからの連続攻撃で、FL菅原がこの日2つめのトライを奪取。ついに38-21とボーナスポイント獲得の3トライ差以上まで差を広げます。

試合終了間際にリコーにトライを返され、惜しくもボーナスポイントを得ての勝利はなりませんでしたが、38-26で勝利しました。

ディフェンスでのミス、モールディフェンスやスクラムでの苦戦など課題の多い試合でした。しかし、強豪リコー相手に14点差から逆転し、多くの時間をライナーズが支配して試合を進め、決してベストゲームではないなか勝利できたことは収穫です。

次戦は7月20日(土)16時30分キックオフ。三重交通Gスポーツの杜鈴鹿にて豊田自動織機シャトルズと対戦します。
プール戦最終戦を最高の形で締めくくることができるよう、最高の準備をして迎えようと思います。
引き続きのご声援、よろしくお願いします。

マイページ
ファンクラブ
チケット
グッズ