練習試合
2019年11月09日(土) 13:30 K.O.
 
Hondaアクティブランド
 
近鉄ライナーズ
38-35 Honda HEAT
FULL TIME
26 前半 21
12 後半 14
詳細



入場者数:人 天候:晴れ
レフリー:
アシスタントレフリー: / /
   
   

マッチサマリー

11月9日(土)、鈴鹿市・HondaアクティブランドにてHondaHEATとの練習試合を行いました。
秋シーズン3戦目、トップチャレンジリーグ開幕前最後の練習試合です。ライナーズは選手のセレクションとして位置付け試合に挑みました。

13時30分、Hondaのキックでゲームスタート。入りをディフェンスで耐えると、セットピースで優勢に。少しずつ相手陣へ進みます。
最初の見せ場は10分。ゴールラインに迫ったライナーズはマイボールラインアウトからモールで押します。が、トライならず。11分にも同じくLOストーバークがゴールラインに飛び込みますがノートライとなります。

15分、今度は相手陣ゴール前のスクラムから押し込むと、No.8ジェドがトライをあげます。FBクッツェーのゴールも決まり、7-0とリード。

そのトライで目覚めたのはHonda。
20分、今度はライナーズが自陣ゴール前のスクラムで押され、スコアは7-7の白紙に戻されます。

さらに23分、アタックの連携がうまくいかないライナーズがパスしたボールをこぼすと、Hondaに拾われトライを決められます。
しかし、まだまだここからと言わんばかりに相手の隙を見逃さなかったのはSHライアン。25分、左22m付近のラックからのHondaのキックをライアンがチャージし、自らトライを決めます。ゴールも成功し14-14の同点に。

そこからノーホイッスルでトライを決められるも、33分にはラインアウトからモールを押し込むトライを決め2点差に迫ります。

両者譲らぬ展開、前半最後の得点はライナーズでした。36分、FL萩原がディフェンスで相手にプレッシャーを与えると、Hondaがパスミス。見逃さなかったCTB矢次が22m付近中央にこぼれたボールを拾い上げトライします。26-21のライナーズリードで前半が終了。

ライナーズ3トライ、Honda2トライの接戦。セットピースではライナーズが有利ですが、ディフェンスの甘さが見られます。

後半は選手を大幅にチェンジ。
前半の流れのままいきたいところですが、後半10分、相手に抜けられ被トライ。逆転され、Hondaのペースで試合が進みます。

しかし、今日のライナーズは気持ちを切らしません。後半13分、ゴール右のハイパントからこぼれたボールをSO正面が拾ってトライをあげると31-28と逆転。

後半30分にはHondaがインターセプトからのトライで31-35と再び逆転されますが、残り10分でライナーズは成長を遂げます。
猛攻を仕掛けるライナーズは、相手陣ゴール直前へ。後半40分、ゴール前中央のスクラムで押し勝つとSH住吉からSO吉井へボールが渡り、相手のタックルを受けながら飛び込み中央やや右にトライします。

FBマシレワのゴールも決まり、試合終了。38-35で勝利を収めました。
コーラ戦の反省から、不利な流れになっても最後まで諦めることなく挑み続けたことで結果につながりました。
開幕戦まであとわずか、チーム一丸となって最終調整をしていきます。

トップチャレンジ開幕戦は11月17日(日)13時キックオフ。大阪・ヤンマーフィールド長居にて、清水建設ブルーシャークスとの対戦です。
ご声援よろしくお願いします。

マイページ
ファンクラブ
チケット
グッズ