2018ジャパンラグビートップチャレンジリーグ 1stステージ 第4節
2018年10月07日(日) 13:00 K.O.
 
万博競技場
 
近鉄ライナーズ
55-0 中国電力レッドレグリオンズ
FULL TIME
21 前半 0
34 後半 0

試合映像(関東ラグビーフットボール協会)



入場者数:1138人 天候:晴れ時々曇り/無風
レフリー:佐々木裕司
アシスタントレフリー:船岡克広 / 坂卓磨 / 八木聖也
   
   

マッチサマリー

トップチャレンジリーグ1stステージ第4節は、昨年度の下位グループとは最後の対戦になる中国電力戦。今シーズン初の地元大阪での公式戦を10月7日(日)に万博記念競技場にて行いました。

スタンドはライナーズファン一色。大きな声援を背に受けて戦いました。

前半はSOステイリンのキックオフでスタート。ライナーズはバックスタンドに向かって右から左、風下で試合が開始されます。
序盤はキックでのエリアの取り合いです。WTBマシレワ、今シーズン初出場となるFBコンブリンクを中心に蹴り合いに付き合う形になります。

先制したのはライナーズです。前半6分、敵陣で粘り強く攻め、WTBマシレワが中盤から一気にゴールライン前へ。止められてしまいますが、ディフェンスが戻れなかった中国電力からホールディングスのペナルティを得ます。ライナーズのFWはここで迷わずスクラムを選択。一気にインゴールまで押し込み、No.8イオプアソがトライを上げます。

しかし、ここから苦戦してしまいます。出足早くプレッシャーを掛けてくる中国電力のディフェンスに苦戦。またリズムにのる前にハンドリングエラーでアタックが続かず。FLロロの負傷交代などもあり、なんと15分から30分までの間自陣に釘付けにされてしまいます。

澱んだ空気を振り払ったのは、アグレッシブなプレーでした。SOステイリンと初出場のWTBパクが連続でディフェンスを突き抜ける力強い突進を見せると敵陣へ。さらに再びSOステイリンが相手ボールスクラムをチャージするなど、チームを鼓舞するかのようにいいプレーを連発します。

リスタートのキックを自陣深くまで蹴り込まれますが、三度SOステイリンが魅せます。
自陣22m付近右中間で、外のWTBマシレワにパスを出すと見せかけて自らまっすぐ走ると、中国電力のディフェンスを3人置き去りにして独走します。フォローに付くのは、WTBマシレワとPR石井。残り22m付近で冷静に、内に切り替えしたWTBマシレワにパスをして、ようやく2本めのトライを奪います。コンバージョンも決まって14-0。

前半終了間際の42分にはWTBマシレワがインターセプトから60mを走りきってトライを奪います。21-0で折り返します。

前半は自分たちのペースで進められないものの、相手のミスに乗じて得点を重ねた感がありましたが、後半はライナーズの強みが発揮されました。

力差が顕著なスクラムを起点に、7分に残り5mマイボールラインアウトからモールでHO高島がトライ。

その後も、CTB井波、WTBパクがいいゲインを見せ、13分にはまたもラインアウト、モールでLOストーバークがトライ。
18分には、敵陣10m付近でCTB野口からWTBマシレワへとつないでラインブレイク。そのままトライを上げるトライラッシュ。38-0とほぼ試合を決めます。
さらに23分にモールでHO高島が、31分にはラックサイドの走り込んで20mを走り抜いたLOストーバークが連続トライ。

最後は、ロスタイム。SH福居が右奥のスペースに蹴り込むと、中国電力・FB黒川が残り5m付近で持ったままタッチへ。CTB井波はそのボールを奪い取り、クイックスローでWTB矢次へと渡してダメ押しのトライを奪いました。最終スコアは、55-0。

終わってみれば9トライの猛攻で、中国電力にスコアさせない圧勝です。
しかし、前半の相手が元気な時間に圧倒できませんでした。ハンドリングエラーとディシプリンは未だ大きな課題です。
そんな中、チーム一体となったつなげてトライを取る形は確実にレベルアップしています。

次戦からはいよいよ上位チームとの戦いに入ります。ここまで積み上げたライナーズのスタイルを強みに、トップリーグ復帰へと駆け上がります。
引き続きご声援をよろしくおねがいします。

マイページ
ファンクラブ
チケット
グッズ